【菊花賞2019】予想印

2019年10月20日日曜日

2019 かねたん 京都競馬場 競馬予想 芝3000 直江

t f B! P L
どうも 直江です。
今週のG1は牡馬クラシック最後の一冠菊花賞です。

展開と各馬についての予習記事もよかったらみてください↙↙
菊花賞2019:ラップ展開と出走馬:予習

目次
ヴェロックス
レッドジェニアル
ニシノデイジー
菊花賞2019予想印

菊花賞2019予想

馬場に関して。
土曜日は一日中雨模様みたいだけど日曜日は晴れ。
ただ先週も少し時計のかかる馬場で日曜日が晴れてもそこまで回復はしなさそう。
ある程度時計のかかる馬場想定で。
時計のかかる馬場ではなかったら3000mという距離はあまり気にしないのだけれども今年は少し距離も気にしないと行けなさそうな感じ。

牡馬クラシック最後の一冠という事で少し今年の牡馬を振り返ってみる。



ヴェロックス:菊花賞2019予想

総合力という面ではやはりサートゥルナーリアがこの世代1番か。
瞬発力の面ではダノンキングリー。
持続力となるとヴェロックス。
残念ながらロジャーバローズは引退してしまったしこんな感じかと個人的には思う。

そして今年の菊花賞。
総合力では敵わなかったサートゥルナーリアは出走していない。
瞬発力勝負では敵わなかったダノンキングリーも出走しない。
となるとヴェロックスの一強のレースになってしまうのかなと思う。

神戸新聞杯では前に馬を置けず少し掛かってしまったがそれは休み明けの影響かと思うし菊花賞みたいな持続力寄りなレースはヴェロックスにぴったりだと思う。
距離に関しては全馬初めてなので確かな事は言えないが大丈夫だと思っている。

今回は圧倒的な1番人気になりそうだけれども実は皐月賞が終わった後、サートゥルナーリアが出ててもダノンキングリーが出てても本命を打とうと思っていた馬。
◎はヴェロックスで。

ただその後が意外と混戦。
重賞勝馬はレッドジェニアルとニシノデイジー、メイショウテンゲンの三頭のみ。
メイショウテンゲンの弥生賞はレベル的に疑問なのでレッドジェニアルとニシノデイジーを見ていく。

レッドジェニアル:菊花賞2019予想

レッドジェニアルは同じ競馬場の京都新聞杯の勝馬。
距離はわからないがラスト4F
11.8-11.7-11.5-12.1
を上がり最速で中団後ろから伸びてきた。
京都新聞杯では後のダービー馬ロジャーバローズを撃破。
今回の菊花賞も本来なら直線でそこまで速いラップを求められないレースになるので3000mでも変わらない脚を使えれば馬券内かなと。
この馬も極端な高速馬場には向いているタイプには見えずどちらかと言うと中間的なスピードを持続する脚に長けているタイプ。
不安はゲートと折り合い。
実は出遅れながらダービーで上がり2位の34.2の脚は出せているんだよね。

ニシノデイジー:菊花賞2019予想

ニシノデイジーは出走馬の中で唯一の重賞2勝馬。
札幌2歳Sと東京スポーツ杯。
どちらも持続寄りなレースになったのがニシノデイジーには向いたか。
瞬発力もあるけどどちらかというと持続寄りな馬かなと思う。
ダービーも内をついたとは言え4着でヴェロックスとは半馬身差の0.1秒差。上がりも34.3。
パトロールビデオを見ると最後まで伸びていたのはニシノデイジー。
ロジャーバローズの1馬身半差まで伸びていた。
折り合い難があったが前走のセントライト記念ではそれを見せず距離も大丈夫だと思う。
鞍上も勝浦騎手からルメール騎手への乗り替わり。

この二頭を比べてみると
瞬発力レッドジェニアル<<ニシノデイジー
持続力ニシノデイジー=レッドジェニアル
位置 ニシノデイジー<<レッドジェニアル
かなと思う。

どちらかを上に取るかは個人のセンス。
個人的にはレッドジェニアルもゲートの出遅れがなかったらもう少し差は縮んだと思うし、最後の直線でヴェロックスと併せ馬で上がって行けそうな展開利も見えるので対抗はレッドジェニアルに。

短穴▲はニシノデイジー。
ルメール騎手なら大外を回すのではなく内で脚を溜めて馬群を割って出て来れそうなので。



菊花賞2019予想印

◎ 13 ヴェロックス
◯ 12 レッドジェニアル
▲ 2 ニシノデイジー
△ 1 ザダル
△ 14 サトノルークス
△ 5 ワールドプレミア

普段だったら買わないけどキースとのG1勝負はホウオウサーベルも抑えると思う。
ザダルなんかは初輸送がどうなのかがポイント。この馬は馬運車で暴れて新馬戦を取り消しになってる過去があるから。
サトノルークスなんかも今の京都3000mは長いと思うけどこのメンバーなので抑えてみた。

サートゥルナーリアもダノンキングリーも出ないので勝ったヴェロックスが見たい。

以上です。
展開と各馬についての予習記事もよかったらみてください↙↙
菊花賞2019:ラップ展開と出走馬:予習

「直江&キースの競馬予想」ブログの本命馬回収率

2020年4月からの馬券回収率

てんちゃん

てんちゃん
当ブログのまねき猫のてんちゃんです。

Twitter「かねたん」相互フォローよろしくおねがいします

このブログを検索

ブログ アーカイブ

メール読者登録

ご意見・お問い合わせ:メールアドレスが公開されることはありません。

名前

メール *

メッセージ *

青葉賞予想大会1位の直江おじさんと助手umajoキースがJRA重賞レース濃い目のラップ展開予想をお届けします。 競馬は頭脳のスポーツ。 競馬初心者の方も、いっしょに予想を楽しみましょう。 bloggerの無料競馬ブログでアドセンス合格体験記も。 応援よろしくおねがいしまーす♪ ☆Japan horce racing forecast by Naoe & Keith☆ Don’t miss Naoe's original recommendation !

Translate

参加ユーザー

QooQ