【福島牝馬ステークス 2020】予想にむけて~ラップ展開と出走予定馬♡予習

2020年4月21日火曜日

2020 キース レース予習☆preparation for the race 芝1800 福島競馬場

t f B! P L
STAY HOME♡


【福島牝馬ステークス 2020】予想にむけて~ラップ展開と出走予定馬♡予習4/25


馬券回収率


こんにちは
当ブログアシスタントのキース👧です。
ご来訪ありがとうございます。
競馬予想家の直江😎と競馬1年生+αのumajoキース👧が、今週もお届けしています。

このブログはJRA重賞レースについて、みなさまに競馬予想を楽しんでいただけるよう、週始めにレース展開や出走馬の予習記事、レース前に予想・予想印記事と2本立てで公開しています。
レース前に予想印記事を公開しますので、またぜひお立ち寄りください。

4/19アンタレスステークスはキースの本命ロードゴラッソ8着(T_T)でした。
アンタレスステークス2020結果


馬名着差
後3Fコーナー
通過順
148ウェスタールンド33515-15-15-13
2611アナザートゥルース1.3/4736.65-5-2-2
324クリンチャーハナ236.48-7-5-5



ラップ 12.6 - 10.9 - 13.1 - 12.3 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 12.7
36.6-36.6
稍重の馬場を外からメイショウワザシが逃げ、ベストタッチダウンがぴったりマークし、
中盤はグラフの示すとおり、ゆるみのないペースになりました。
稍重とはいえ、12.3-12.2-12.1-12-11.9
これ、前の馬にはきついですよね~。
前にいた4頭は13-16着になっています。
後方からのウエスタールンドが、上がり最速35.0でコーナーから外を追い込み直線で先団にならんで
最後までのびました。
昨年の勝ち馬のアナザートゥルースはさすが、先行しての2着。
クリンチャーも、先団のやや後ろ目のポジションから外目を追走してましたが最後までバテませんでした。
キースの本命、ロードゴラッソは行き脚で他馬と接触してましたが、インをとってクリンチャーのちょっと前を追走してたけど。
ラストの坂がのびませんでした。
前走は名古屋大賞典1着は平坦コースだったからラストの脚がつかえたのかな。
残念~。
注目はリワードアンヴァル。
外枠から4-3番手先行し、直線で先頭まで届きましたが、差されハナ差の4着。
タフで強いレースをしたと思います。
また、次どっかで好走しそう♪

というわけで、福島牝馬の予習をしていきまーす



【福島牝馬ステークス 2020】


第17回 福島牝馬ステークス(GⅢ)
4歳以上オープン
1,800(芝)(牝)別定
4月25日(土) 発走15時25分

1着馬にヴィクトリアマイルの優先出走権が与えられます。
ヴィクトリアマイルのステップ競走に指定され、地方競馬所属馬はヴィクトリアマイルの出走候補馬が3頭まで出走可能です。
地方競馬所属馬は本競走で2着以内の成績を収めるとヴィクトリアマイルに優先出走できます。

目次
1.コース説明

2.過去レースの復習

3.過去データ考察

4.出走予定馬 短評

5.2020展開予想

1.コース説明【福島牝馬ステークス 2020】予想にむけて

福島・芝1800メートル
JRA http://www.jra.go.jp/ より引用





ホームストレッチの半ばからスタート。
スタート地点から1コーナーまでの距離は約300メートルゆるい上り坂。
ゴール板を過ぎ1コーナー、2コーナーにかけて緩い下り。
向正面(残り1000メートル付近)で約100メートル上り、
3コーナーから4コーナーにかけて平坦。
4コーナー半ばから直線の入り口まで緩やかに下り。
直線距離は297.5メートル(Bコース使用時)で、ゴール前に上り坂。
小回り、平坦。
スピードの持続とコーナリングの上手な馬が好走しそうです。

2.過去レースの復習【福島牝馬ステークス 2020】予想にむけて


2019【福島牝馬ステークス 2020】予想にむけて



馬名着差
後3Fコーナー
通過順
155デンコウアンジュ433.87-8-7-6
266フローレスマジック2.1/2134.55-5-3-2
3810ダノングレース1.1/4234.410-9-7-2



ラップ
12.7 - 12.0 - 12.5 - 12.8 - 12.2 - 11.7 - 11.5 - 11.2 - 11.5
ペース
12.7 - 24.7 - 37.2 - 50.0 - 62.2 - 73.9 - 85.4 - 96.6 - 108.1 
(37.2-34.2)

カワキタエンカがハナ。
ウインファビラスが1馬身差で続く。
スローペース。

1着 デンコウアンジュ
後ろ目8馬身差を追走。
コーナーで外をまわして押し上げ。
直線で先頭まで3馬身差。
先にぬけたフローレスマジック、ダノングレースらを外から差しきり勝ち。

2着 フローレスマジック
前半は中団4馬身差を追走。
コーナーで外目を押し上げ直線で2馬身差。
残り150m過ぎて先頭に並ぶも
外からデンコウアンジュに抜け出され2着。

3着 ダノングレース
スタート遅、後方9馬身差を追走。
コーナー早めに動いて、フローレスマジックの外から先団まで追い上げ。
直線で3馬身差。
フローレスマジックと併せ馬で追い込み。
3着。

スローからの後半スピード勝負。
デンコウアンジュの末脚が光りました。
小倉とか平坦小回りコースで好走してますね。
今年も出走予定♪


2018【福島牝馬ステークス 2020】予想にむけて



馬名着差
後3Fコーナー
通過順
167キンショーユキヒメ735.49-9-9-9
244カワキタエンカクビ136.11-1-1-1
3812デンコウアンジュクビ435.78-6-6-2



ラップ
12.4 - 11.2 - 11.5 - 12.1 - 11.8 - 11.7 - 12.2 - 11.7 - 12.2
ペース
12.4 - 23.6 - 35.1 - 47.2 - 59.0 - 70.7 - 82.9 - 94.6 - 106.8 
(35.1-36.1)

カワキタエンカがハナ。サルサディオーネに1馬身差で逃げ。
ゆるみのないペースで進みました。

1着 キンショーユキヒメ
スタート遅く後方9馬身差を追走。
4コーナーで外を回って、押し上げ直線で5馬身差。
直線追い込み上がり最速35.4でゴール前でカワキタエンカを交わして1着。

2着カワキタエンカ
ゆるみないペースでハナ。
直線でもあがり3位の末脚で粘っていたが、外から伸びてきたキンショーユキヒメに交わされた。

3着 デンコウアンジュ
外枠から6馬身差外目を追走。
コーナーで外を押し上げ、2番手。
直線、キンショーユキヒメに交わされて3着
あがりは2位。

カワキタエンカのゆるみないペースでラストの末脚スピード勝負。


2017 


馬名着差
後3Fコーナー
通過順
136ウキヨノカゼ335.312-12-11-11
248フロンテアクイーンクビ435.58-8-9-7
359クインズミラーグロクビ135.215-14-13-11


ラップ
12.4 - 11.1 - 11.4 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 11.8 - 12.1 - 12.2
ペース
12.4 - 23.5 - 34.9 - 46.9 - 58.9 - 70.7 - 82.5 - 94.6 - 106.8
 (34.9-36.1)

ウエスタンレベッカが3馬身差で逃げて緩みのないペース。
3コーナーでクロコスミアが先頭に立った。
直線はデンコウアンジュとクロコスミアの2頭が抜け出し先頭となった。

1着 ウキヨノカゼ
先頭まで11馬身差の後方を追走。
4コーナーで大外を回って直線に入った。
直線外から6馬身差を追いこみ、ゴール前で抜け出し、1着。

2着 フロンテアクイーン
先頭まで10馬身差中団を追走。
直線に入って、馬群の中を割って2馬身差を追走、先頭に立ったが、
大外からウキヨノカゼに交わされた

3着 クインズミラーグロ
スタートで遅れて後方11馬身差を追走。
コーナーで外を押し上げて直線で4馬身差から追い込んだ。
フロンテアクイーンと追いくらべになり外からウキヨノカゼにかわされ3着。

ゆるみのない平坦ラップが続く、きびしい展開で後ろのあがりのはやい馬が好走しています。



3.過去データ考察【福島牝馬ステークス 2020】予想にむけて

前年の9月から12月に重賞またはオープン特別で2着か3着に入っていた福島牝馬S連対馬一覧(2011年を除く過去10回)
年度着順馬名該当レース
2010年
1着レジネッタ10月18日府中牝馬S3着
2着ブラボーデイジー12月19日愛知杯2着
2012年2着コスモネモシン12月18日愛知杯3着
2013年1着オールザットジャズ12月15日愛知杯3着
2014年2着キャトルフィーユ12月14日愛知杯2着
2015年
1着スイートサルサ12月20日愛知杯3着
2着リラヴァティ9月21日ローズS3着
2016年1着マコトブリジャール11月1日カシオペアS3着
2017年2着フロンテアクイーン9月10日紫苑S3着
2018年2着カワキタエンカ9月17日ローズS2着
2019年1着デンコウアンジュ12月15日ターコイズS3着
JRAサイトより引用



今年の出走予定馬で同条件にあった馬は

エスポワールターコイズS2着
デンコウアンジュ愛知杯1着
フェアリーポルカ紫苑S2着
サラキアオクトーバーS3着

上記の4頭です。
この中に連対馬がみつかるでしょうか。


4.出走予定馬 短評【福島牝馬ステークス 2020】予想にむけて


エスポワール【福島牝馬ステークス 2020】予想にむけて


前走 中山1800 中山牝馬ステークス3着


馬名着差
後3Fコーナー
通過順
123フェアリーポルカ337.16-6-6-6
2815リュヌルージュ3/41437.92-2-2-2
359エスポワール3/41379-9-10-7

ラップ
12.7 - 12.0 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.6 - 12.2 - 12.3 - 13.3
ペース
12.7 - 24.7 - 37.0 - 49.0 - 60.8 - 72.4 - 84.6 - 96.9 - 110.2
 (37.0-37.8)
雪で馬が見分けられないくらいの不良馬場での中山牝馬Sでした。
モルフェオルフェがゆるみのないペースで逃げ
エスポワールは9馬身差を外目追走。
3コーナーから外を押し上げ直線へ。
直線は2馬身差を外から追い込み。
上がりは3番目。
テンの脚とコースどりでフェアリーポルカに届きませんでした。
馬は強い競馬内容でした。

前々走 中山1600 ターコイズステークス 2着

ラップ
12.4 - 10.5 - 11.0 - 11.5 - 11.9 - 11.8 - 11.1 - 12.0
ペース
12.4 - 22.9 - 33.9 - 45.4 - 57.3 - 69.1 - 80.2 - 92.2 
(33.9-34.9)


良馬場をコントラチェックが単騎で逃げハイペースから途中ゆるみをいれラストの末脚も出しで押し切ったレース。
エスポワールは中枠から2番手から6番手に下げて追走。
3コーナーから外を回して押し上げ、直線で2番手集団の内目へ。
残り200で2番手確保し追い込むもコントラチェックにつめられず2着。
あがりは34.9。 前半推定35.2

京都 修学院ステークス1着

ラップ
12.6 - 11.4 - 11.5 - 12.1 - 12.4 - 12.0 - 11.8 - 11.2 - 11.5
ペース
12.6 - 24.0 - 35.5 - 47.6 - 60.0 - 72.0 - 83.8 - 95.0 - 106.5
 (35.5-34.5)
3番手につけ直線先頭で押し切り勝ち。
前半推定36.1

行き脚もあって、後ろで控えればキレル末脚を出せる馬です。
前走は内枠のフェアリーポルカが斤量の恵みと馬場適性で勝ってますが、
エスポワールは強さをみせてます。

福島は初かな。
どちらかというと途中ゆるみがあって溜めて末脚を出せるレースがよさそうではあります。



デンコウアンジュ【福島牝馬ステークス 2020】予想にむけて

前走 中山牝馬ステークス2020 4着
後方からコーナー外を回ってあがり2位で追い込みエスポワールとハナ差。
差のない感じです。

小倉2000 愛知杯  1着 重馬場
12.3 - 23.4 - 35.3 - 47.9 - 60.1 - 72.1 - 84.1 - 96.3 - 108.7 - 121.1 
(35.3-37.0)
平坦ラップを後ろから追走しあがらい最速でさしきり勝ち。

福島牝馬ステークスに過2017年から3年連続出場。
2019年1着。重馬場 後方から末脚 10-11-12-11 37.0-37.8 36.7あがり最速

2018年3着 良馬場 後方から末脚 8-6-6-2 35.1-36.1 35.7あがり2番目

2017年4着。良馬場 後方から早めに動いて直線先頭もラスト伸びてきた3頭に差され残せず。13-12-2-2 34.9-36.1 36.5

後方で溜めてバテない脚で追い込んでくる感じです。
コース適性はばっちりです。

フェアリーポルカ【福島牝馬ステークス 2020】予想にむけて

中山1800 中山牝馬S1着
中山2000 紫苑S2着
阪神1800 君子蘭賞2着
中団から前で先行して最後までスピードを持続。
タフで道悪も大丈夫。
今回、福島は初めてです。
体調次第でしょうか。
愛知杯は外枠から外をずっと追走して4着。
がんばってよく走ってました。
内枠だと心強そう。

サラキア【福島牝馬ステークス 2020】予想にむけて

前走 
東京1800 エプソムカップ2着。
逃げて前半3f38.4からの末脚33.0
超スローからの展開で評価できません。

阪神1800 ローズS2着
出遅れから中団後方から上がり3位で追い込みました。
12.7 - 11.0 - 11.5 - 12.3 - 12.4 - 12.2 - 11.0 - 10.8 - 11.8
中間がゆるんでるのでちょっと割引です。
速い時計の出る馬場で前半想定37.0

京都1800 白百合S 2着
12.7 - 10.7 - 11.2 - 12.2 - 12.2 - 12.3 - 11.6 - 11.4 - 11.6
ペース
12.7 - 23.4 - 34.6 - 46.8 - 59.0 - 71.3 - 82.9 - 94.3 - 105.9 
(34.6-34.6)
メイショウテッコンの3馬身差
前半推定3f37.0

昨年のスローペースなら前で好走できそうですが。
前半速くなり、捲っていく展開になると、コーナー小さく短い直線には対応しにくそうです。
展開しだいな感じです。


カリビアンゴールド【福島牝馬ステークス 2020】予想にむけて


中山2000 紫苑S2着
ラップ
12.3 - 11.4 - 12.3 - 12.5 - 12.8 - 12.3 - 11.9 - 11.5 - 11.4 - 11.4
ペース
12.3 - 23.7 - 36.0 - 48.5 - 61.3 - 73.6 - 85.5 - 97.0 - 108.4 - 119.8
 (36.0-34.3)
時計の速い馬場を先行しあがり3位でディアドラとハナ差2着の好走。

札幌1800 クイーンS2着
ラップ
12.2 - 11.9 - 12.1 - 12.2 - 12.2 - 11.9 - 11.5 - 11.1 - 11.9
ペース
12.2 - 24.1 - 36.2 - 48.4 - 60.6 - 72.5 - 84.0 - 95.1 - 107.0
 (36.2-34.5)  5-7-6-6 33.8
前半3f想定37.8 
速い時計の出る馬場を前目で追走し33秒台の末脚で追い込みました。
スローからの展開でちょっと割引。

札幌 函館で好走し、洋芝得意そう。
札幌はコーナーゆるいので小回り福島で走れるかな~。
スローからの末脚の馬の印象です。
モルフェオルフェが逃げると平坦ラップになりそうなので、ちょっと展開が違いそうなんですが。


5.2020展開予想【福島牝馬ステークス 2020】予想にむけて


モルフェオルフェの逃げる展開とすると
福島新馬戦以外はほとんど前半3f34.7-35.3くらいでゆるみのないペースをきざみます。
フェアリーポルカとエスポワールが先団につけ、
デンコウアンジュは後方10馬身くらいで追走。
サラキアはデンコウアンジュよりも後ろ。
カリビアンゴールドはデンコウアンジュを目標に追走って感じです。
4コーナー手前からペースがあがり、前の馬ガ苦しくなってくるところを。
デンコウアンジュが差してくる展開を想定しています。
フェアリーポルカがタフな末脚を出せるのか。
エスポワールが直線で迫れるのか。
ゴール前まで目が離せないドキドキなレースを期待しちゃいます。

いかがでしょうか♪

馬番発表後、レース前に直江さんから予想印記事出る予定です。
みなさまご期待ください!
コメントおまちしてまーす
ホームはこちらです




「直江&キースの競馬予想」ブログの本命馬回収率

2020年4月からの馬券回収率

てんちゃん

てんちゃん
当ブログのまねき猫のてんちゃんです。

Twitter「かねたん」相互フォローよろしくおねがいします

このブログを検索

ブログ アーカイブ

メール読者登録

ご意見・お問い合わせ:メールアドレスが公開されることはありません。

名前

メール *

メッセージ *

青葉賞予想大会1位の直江おじさんと助手umajoキースがJRA重賞レース濃い目のラップ展開予想をお届けします。 競馬は頭脳のスポーツ。 競馬初心者の方も、いっしょに予想を楽しみましょう。 bloggerの無料競馬ブログでアドセンス合格体験記も。 応援よろしくおねがいしまーす♪ ☆Japan horce racing forecast by Naoe & Keith☆ Don’t miss Naoe's original recommendation !

Translate

参加ユーザー

QooQ