【フローラステークス 2020】予想にむけて~ラップ展開と出走予定馬♡予習4/26

2020年4月23日木曜日

2020 キース レース予習☆preparation for the race 芝2000 東京競馬場

t f B! P L

馬券回収率

【フローラステークス 2020】予想にむけて~ラップ展開と出走予定馬♡予習4/26


こんにちは
当ブログアシスタントのキース👧です。
ご来訪ありがとうございます。
競馬予想家の直江😎と競馬1年生+αのumajoキース👧が、今週もお届けしています。

このブログはJRA重賞レースについて、みなさまに競馬予想を楽しんでいただけるよう、週始めにレース展開や出走馬の予習記事、レース前に予想・予想印記事と2本立てで公開しています。
レース前に予想印記事を公開しますので、またぜひお立ち寄りください。

【フローラステークス 2020】

サンケイスポーツ賞フローラステークス(オークストライアル)」
東京 競馬場 芝2000m
2サラ系3歳 オープン       (国際) 牝(指) 馬齢
15:45発走
2着以内の馬にオークスの優先出走権が与えられます。

目次
1.コース説明

2.過去レースの復習

3.過去データ考察

4.出走予定馬 短評

5.2020展開予想

1.コース説明【フローラステークス 2020】予想にむけて

東京 芝 2000m
JRA http://www.jra.go.jp/ より引用
1コーナー奥のポケットがスタート地点。
コーナーは3つ。
最初の2コーナーまでの距離は約130m。
位置取り争いがきびしく内枠有利です。
向正面3コーナー手前に1.5m少し急な上り坂。
3~4コーナーは緩やかなカーブ。
最後の直線途中に高低差2.1mの上り坂が設けられています。
直線は525.9mで、新潟外回りに次ぐ日本で2番目の長さ。
坂をのぼってもう一脚使うタフなコースです。

基本的に内枠有利。
直線も、瞬発力が要求されます。

このコースで行われる重賞レースは二つあります。

天皇賞(秋) (GⅠ)     サラ系3歳以上 定量 
フローラステークス (GⅡ)  サラ系3歳 馬齢 


2.過去レースの復習【フローラステークス 2020】予想にむけて




2019【フローラステークス 2020】予想にむけて



馬名着差
後3Fコーナー
通過順
124ウィクトーリア333.212-12-11
212シャドウディーヴァハナ233.57-8-7
359ジョディー1/2934.31-1-1


ラップ
12.9 - 11.4 - 11.6 - 12.2 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 11.7 - 11.0 - 11.5
ペース
12.9 - 24.3 - 35.9 - 48.1 - 60.6 - 73.0 - 85.3 - 97.0 - 108.0 - 119.5
 (35.9-34.2)

ジョディーがハナ。スローペースで逃げ直線の攻防へ。


1着 ウィクトーリア
内枠からスタートは遅め。
馬群の中、8馬身差でシャドーディーヴァの後ろを追走。
直線は外からパッシングスルーと併せ馬のかたちで追い込みました。
ラスト1fで4馬身差をつめ最速あがり33.2で内のシャドウディーヴァ、ジョディーを交わし1着。

2着 シャドウディーヴァ
内枠から7馬身差で中団を追走。
インコースを追走。
直線で内ラチ沿いを突いて追い込み。
いったん先頭に立ったが、外からウィクトーリアに交わされ2着。
あがりは2位で33.5

3着 ジョディー
中枠からハナ。
2馬身差をつけ、ゆったりとペースを落として逃げました。
直線で内からシャドウディーヴァ、外からウィクトーリアに交わされるも3着残しました。
あがりは34.3
後続に3馬身差で逃げてたら頭まであったのかな~。
そしたら34.3のあがりは使えなかったかな~。
ジョディーがんばりました。

開幕週で速い時計の馬場をスローで逃げたジョディーのペースをウィクトーリアの瞬発力が制しました。
シャドーディーヴァはインにこだわった騎乗。
ウィクトーリア引退してます。お母さんになるみたい。
この後
4着のパッシングスルーは紫苑S勝ち馬
5着フェアリーポルカは中山牝馬S勝ち馬
シャドーディーヴァ東京新聞杯2着
活躍しています。

2018



馬名着差
後3Fコーナー
通過順
124サトノワルキューレ133.416-15-14
2815パイオニアバイオクビ1334.46-3-3
3816ノームコアクビ534.62-2-2



ラップ
13.1 - 12.0 - 11.8 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 11.5 - 11.3 - 11.7
ペース
13.1 - 25.1 - 36.9 - 49.0 - 61.1 - 73.1 - 85.0 - 96.5 - 107.8 - 119.5 
(36.9-34.5)

デュッセルドルフがハナ
1馬身差の逃げ
スローペース。

1着 サトノワルキューレ
内枠から最後方13馬身差を追走。
4コーナーを後方から少しずつ押し上げ直線へ。
直線むいて7馬身差を外から追い込み。
最速あがり33.4でゴール手前で差し切った。

2着 パイオニアバイオ
外枠から好位3馬身差外目追走。
コーナーで外から先頭へ並んでいった。
直線、内のノームコアに並んでいきかわすも
外のサトノワルキューレに差し切られた。

3着 ノームコア
大外枠から2番手につけて1馬身差で追走。
コーナーで差をつめた。
直線向いて先頭で粘るも、外からサトノワルキューレに差し切られ、パイオニアバイオに競り負けた。

速い時計のでる馬場。
デュッセルドルフが12秒台の平坦ラップで逃げ
前にいた持久力系の馬?が馬券内。
最後方、最速あがりの馬が勝ち馬。
1枠サラキアが後方から2番目あがり33.7で4着。届きませんでした。

パイオニアバイオ 引退したみたいですね。
サトノワルキューレその後は後ろから最速あがりも届かないレースが多いみたいです。


2017【フローラステークス 2020】予想にむけて


前日の雨の影響の残る良馬場。


馬名着差
後3Fコーナー
通過順
111モズカッチャン1233.97-7-8
247ヤマカツグレースクビ1034.42-2-2
3714フローレスマジックアタマ234.33-3-3


ラップ
13.0 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 12.6 - 12.8 - 12.3 - 11.5 - 11.2 - 12.0
ペース
13.0 - 25.1 - 37.1 - 48.9 - 61.5 - 74.3 - 86.6 - 98.1 - 109.3 - 121.3 
(37.1-34.7)

タガノアスワドがハナ、
ヤマカツグレース、フローレスマジックが続き、かなりなスローペース。

1着 モズカッチャン
最内枠から中団先頭から7馬身差の内目を追走。
コーナーをインを回り、直線向いて先頭まで4馬身差。
直線、内を突いて追い上げ、残り200で2馬身差。
ゴール前でヤマカツグレースをさしきり勝ち。

2着 ヤマカツグレース
半馬身から1馬身差で2番手追走。
スローペースのなか直線、上り坂で先頭に立った。
ゴールモズカッチャン交わされた。

3着 フローレスマジック
先頭から2馬身差で好位を追走。
直線、追い込むも交わされて3着。

3頭横並びなゴール。
途中ラップで青字の息の入るペースとなり、前の馬が好走。
直線の瞬発力で中団からあがり最速の馬が勝ち馬です。


東京芝2000
ラスト直線の瞬発力で差し切る展開が多いものの
意外に?逃げ先行馬が好走しています。
長い直線でタフで持続力がある馬ががんばれるんでしょうか。

3.過去データ考察【フローラステークス 2020】予想にむけて


JRAサイトより引用

過去に勝利した際の、2着馬との最大タイム差別成績(過去10年)
最大タイム差成績勝率連対率3着内率
タイム差なし0-1-0-360%2.70%2.70%
0秒11-3-1-322.70%10.80%13.50%
0秒24-3-2-3110.00%17.50%22.50%
0秒31-1-2-214.00%8.00%16.00%
0秒4以上4-2-5-2311.80%17.60%32.40%

0.4秒以上の差をつけて勝った馬の3着内率は32.4%と高くなっています。
圧倒的スピードの証でしょうか。
今年の出走馬では

アカノニジュウイチ新馬戦-0.6
ウインマリリン新馬戦-0.6
シャレード新馬戦-0.6
スカイグルーヴ新馬戦-0.9
リヴァージュ新馬戦-0.6
ヴォリアーモ未勝利戦-0.6

6頭が該当します。
この中に馬券に入ってくる馬がみつかるでしょうか♪

そして勝ち馬
通算勝利数別成績(過去5年)
通算勝利数優勝2着以下
2勝5頭20頭
1勝0頭62頭

JRAサイトより引用

過去5年の勝ち馬は5頭とも2勝馬でした。

今年の出走予定馬の中で2勝馬は
ウインマリリン中山2000ミモザ賞中山2000新馬戦
シャンドフルール阪神1600千両賞小倉1800新馬戦
ショウナンハレルヤ東京1800セントポー中山1600新馬戦
ホウオウピースフル東京2000百日草札幌1800新馬戦

予想のご参考に♪



4.出走予定馬 短評【フローラステークス 2020】予想にむけて

スカイグルーヴ【フローラステークス 2020】予想にむけて

東京芝2000新馬戦
ラップ
13.3 - 11.9 - 11.9 - 12.4 - 12.8 - 12.5 - 12.5 - 11.8 - 11.2 - 11.1
ペース
13.3 - 25.2 - 37.1 - 49.5 - 62.3 - 74.8 - 87.3 - 99.1 - 110.3 - 121.4 
(37.1-34.1)
1枠から2馬身差の単騎スローペースの逃げから直線であがり最速34.1で5馬身以上差をつけ押し切り勝ち。
強い勝ち方でした。
1枠と時計のでる速い馬場をスローペースで逃げ、展開をものにした感はありますが、
のびのび飛んでるみたいな走り方で、いかにも東京むいてそう♪

中山芝2000京成杯
ラップ
12.6 - 11.4 - 13.0 - 12.0 - 12.5 - 12.2 - 12.2 - 11.8 - 11.8 - 12.6
ペース
12.6 - 24.0 - 37.0 - 49.0 - 61.5 - 73.7 - 85.9 - 97.7 - 109.5 - 122.1 
(37.0-36.2)
稍重 時計のかかる馬場を
外枠から押し上げ3番手でずっと外をまわって追走しました。
直線はあがり3位36.2でクリスタルブラックにさされ2着。
前で馬場のわりにゆるみのないペースをがんばり強かったですけど、
コース取り、ペースに恵まれず、勝ちきれませんでした。

前半3f想定37.1
枠に恵まれて前でマイペースで走れれば好走できそう。
頭まではどうでしょうか。

レッドルレーヴ【フローラステークス 2020】予想にむけて

東京芝2000新馬戦
ラップ
13.0 - 12.4 - 12.1 - 12.1 - 12.6 - 12.6 - 12.2 - 11.4 - 11.4 - 11.9
ペース
13.0 - 25.4 - 37.5 - 49.6 - 62.2 - 74.8 - 87.0 - 98.4 - 109.8 - 121.7
 (37.5-34.7)
内枠から時計のかかる重馬場を5馬身差で追走。
推定前半3f38.4
直線で2馬身差を追い込み。
あがり最速34.2で届かず2着。
勝てなかったけどいい感じです。

中山2000未勝利戦
ラップ
12.4 - 11.0 - 12.3 - 11.8 - 12.2 - 12.0 - 12.3 - 12.6 - 12.7 - 12.4
ペース
12.4 - 23.4 - 35.7 - 47.5 - 59.7 - 71.7 - 84.0 - 96.6 - 109.3 - 121.7 
(35.7-37.7)
ハイペースを中団ですごし馬群の中でコーナーを回って、直線少し前がつまりまたされるも
短い直線でさしきりました。タフなところをみせたと思います。
あがり2番目37.0

中山1800フラワーカップ 2着
このレースは他に不利のある馬が何頭かいて、もしかしたら結果が変わってたかもしれませんが、
レッドルレーヴは外枠から中団追走し、あがり3位36.3
先にぬけだしたアプレイズに
直線外から2馬身差を3/4馬身差までつめたところでゴール。
推定前半3f37.1
内枠とれて少し流れたペースならスカイグルーヴに届くかなかな?

ホウオウピースフル【フローラステークス 2020】予想にむけて


東京2000百日草特別1着
推定前半3f37.7途中スローペースをはさみ、あがり最速33.6
残り400で並び坂をあがってぬけだしキレル脚をみせました。

東京1600クイーンカップ6着
推定前半3f36.1 
中団で追走しあがりは34.5
距離短縮し前半のスピードアップの練習レース?
スカイグルーヴの後ろにつけるには充分なスピードにみえますが。
距離延長で途中スローになれば末脚だせるかなぁ。

フアナ【フローラステークス 2020】予想にむけて


阪神1800未勝利戦1着
推定前半3f36.7 
先団後方で追走しコーナーは内目。
直線むいて5馬身差残り200から坂をのぼってさしきりました。
小柄な馬
なかほどはペースゆるいですが上がり最速34.0の末脚。
心配は、今回1f延長し初の2000と関東輸送です。
体重みなくちゃ。


ウインマリリン【フローラステークス 2020】予想にむけて


2勝馬ですね

中山2000ミモザ賞1着
ラップ
12.4 - 11.0 - 12.2 - 12.8 - 12.6 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 11.7 - 12.8
ペース
12.4 - 23.4 - 35.6 - 48.4 - 61.0 - 73.3 - 85.5 - 98.0 - 109.7 - 122.5
 (35.6-37.0)
稍重やや時計のかかる馬場を
推定前半3f36.5で過ごし、先団後方を追走。
コーナーは内目を回りおしあげ先団へ。
直線はあがり最速36.2で追い込み、抜け出しました。
馬群の中あがってくるのはいい感じです。

初の府中。先行して、長い直線、どこまで末脚を残せるか。
馬場が渋った方が好走の可能性はありそうです。




5.2020展開予想【フローラステークス 2020】予想にむけて


ハナをとるのはスカイグルーヴを想定ですが、
前走1600の馬やホウオウピースフル、フアナ、ウインマリリンと行き脚は似たような感じ。
スカイグルーヴぴったりつけられて前半少しペースが流れそう。
キース的には2018年のペースと似た感じになるんじゃないかと思ってます。
前で残すタフな馬か
後ろからのあがりの速い馬をとるか。
お天気よければ、先行馬から入るのが馬券内なら固いでしょうか?

今日はすごく寒いし、週末のお天気どうなるかしら。

レース前に直江さんから予想印記事公開の予定です。
またぜひごらんいただければ嬉しいです♪
みなさまの予想はいかがですか?

コメント お待ちしてます!

「直江&キースの競馬予想」ブログの本命馬回収率

2020年4月からの馬券回収率

てんちゃん

てんちゃん
当ブログのまねき猫のてんちゃんです。

Twitter「かねたん」相互フォローよろしくおねがいします

このブログを検索

ブログ アーカイブ

メール読者登録

ご意見・お問い合わせ:メールアドレスが公開されることはありません。

名前

メール *

メッセージ *

青葉賞予想大会1位の直江おじさんと助手umajoキースがJRA重賞レース濃い目のラップ展開予想をお届けします。 競馬は頭脳のスポーツ。 競馬初心者の方も、いっしょに予想を楽しみましょう。 bloggerの無料競馬ブログでアドセンス合格体験記も。 応援よろしくおねがいしまーす♪ ☆Japan horce racing forecast by Naoe & Keith☆ Don’t miss Naoe's original recommendation !

Translate

参加ユーザー

QooQ