直江の【桜花賞 2020】予想・予想印

2020年4月12日日曜日

2020 かねたん 競馬予想 阪神競馬場 芝1600 直江

t f B! P L


どうも 直江😎です。
こんにちは
当ブログアシスタントのキース👧です。
ご来訪ありがとうございます。
競馬予想家の直江😎と競馬1年生+αのumajoキース👧が、今週もお届けしています。
このブログはJRA重賞レースについて、みなさまに競馬予想を楽しんでいただけるよう、週始めにレース展開や出走馬の予習記事、レース前に予想・予想印記事と2本立てで公開しています。
レース前に予想印記事を公開しますので、またぜひお立ち寄りください。

【桜花賞 2020】

第80回 桜花賞(GⅠ)
3歳オープン
(牝)定量 55kg
2020年4月12日 (日) 15:40 発走
阪神競馬場 芝1600m 外回り


中央競馬の牝馬三冠競走(桜花賞・優駿牝馬・秋華賞)の第一関門。
5着までの馬には優駿牝馬(オークス)の優先出走権が与えられる。

出馬投票を行った馬のうち優先出走権を持つ馬から優先して割り当て、その他の馬は収得賞金の多い順に出走できる。
外国馬は、優先出走できる。
トライアル競走は以下。ウィキペディアhttps://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E8%8A%B1%E8%B3%9Eより引用
競走名競馬場距離必要な着順
チューリップ賞GII日本の旗阪神競馬場芝1600m3着以内
アネモネステークスL日本の旗中山競馬場芝1600m2着以内
フィリーズレビューGII日本の旗阪神競馬場芝1400m3着以内
地方競馬所属馬は、上記のほかJRAの2歳GI競走(阪神ジュベナイルフィリーズ・朝日杯フューチュリティステークス・ホープフルステークス)、またはJRAで行われる芝の3歳重賞競走を優勝した馬にも出走資格が与えられる。

【桜花賞 2020】予想・予想印

目次
1.【桜花賞 2020】予想
2.【桜花賞 2020】予想印

1.【桜花賞 2020】予想

阪神競馬場は朝から雨。
桜花賞まで降り続くみたいで馬場状態がどうなるのか。

11時現在良馬場だが稍重〜重位にはなるのかなと想定。

今年の桜花賞は

レシステンシアVS他路線

かなと思っている。
チューリップ賞では逆転したマルターズディオサとクラヴァシュドールだが後続を引き付けての逃げで新しい戦法を試したもの。
今回はJFの様な後続に脚を使わせる様な乗り方に変わるはずでそうなるとこの三頭の力関係の順位付けが付いているのかなと思う。
別に複勝なのでクラヴァシュドールやマルターズディオサに本命をうっても良い気がするが二頭共不安材料がある。

マルターズディオサはゲートがあまり上手くはないのでこの枠で包まれた時にどうか?
瞬発力寄りというよりは持続型に見えるので外から徐々に上がっていった方がこの馬の持ち味を活かせるのかなと。

クラヴァシュドールは中間のアクシデントで追い切りも木曜日に変更と順調差がかける。
あと前走のチューリップ賞でもそうだったが無観客競馬なのに発汗が凄かった。
JFもそうだったのでその辺りがどうなのかと。



そうなると他路線からの差し馬が打倒レシステンシア候補になるかなと思う。

レシステンシアが大外に入った事で展開的には序盤からペースが上がると思う。
同じく逃げたいスマイルカナも柴田大知騎手なのでレシステンシアに引くことはなくガンガン大知My wayで行くのかなと思う。

そうなるといくらレシステンシアでも苦しくなってしまうのかなと。

そうなると後方でしっかり脚を溜められて上がり最速で差してこれそうな馬を他路線から探したい。
候補としてはクイーンカップの1、2着馬を見ていく。
1着ミヤマザクラは本来の桜花賞なら合わない気がする。
ディープインパクト産駒だがシュッと反応するタイプではなくバテずにドシドシと伸びる印象。
なので本来の桜花賞には合わないタイプなのかなと。
雨の影響とペースが流れる事でラップが遅くなる様な形になれば好走可能なのかなと思う。
雨が強くなれば直線でもそこまで速いラップが出ないのもこの馬にプラス。
イメージラップとしては2017年の桜花賞。

2着のマジックキャッスルよりミヤマザクラをクイーンカップ組では評価したい。

次にシンザン記念を勝ったサンクテュエール。
この馬はまだ速いペースを体験していないのでその辺りがどうか?
ただ前走のシンザン記念は時計のかかる馬場でも走れた様に多少馬場が重くなっても大丈夫な様な。
印は回すがこの馬よりはチューリップ賞組を上に取るかな。

フィリーズレビュー組はそこまで高評価する馬はおらず次にエルフィンステークス組。

エルフィン組勝馬のデアリングタクト。
前走は後続に0.7差をつけて快勝。
時計のかかる今の京都の馬場で勝ち時計1.33.6は優秀過ぎるし上がりタイムも2位とは0.9差も付けている。

魅力的な末脚だ。

打倒レシステンシアはデアリングタクトで良いかなと思う。
ただ思ったよりも人気で現状1番人気を争っているけど複勝の部分で言ったらとても美味しい様に見える。



2.【桜花賞 2020】予想印


◎9 デアリングタクト
◯5 マルターズディオサ
▲14 ミヤマザクラ
△17 レシステンシア
△11 クラヴァシュドール
△13 マジックキャッスル
△4 サンクテュエール


「直江&キースの競馬予想」ブログの本命馬回収率

2020年4月からの馬券回収率

てんちゃん

てんちゃん
当ブログのまねき猫のてんちゃんです。

Twitter「かねたん」相互フォローよろしくおねがいします

このブログを検索

ブログ アーカイブ

メール読者登録

ご意見・お問い合わせ:メールアドレスが公開されることはありません。

名前

メール *

メッセージ *

青葉賞予想大会1位の直江おじさんと助手umajoキースがJRA重賞レース濃い目のラップ展開予想をお届けします。 競馬は頭脳のスポーツ。 競馬初心者の方も、いっしょに予想を楽しみましょう。 bloggerの無料競馬ブログでアドセンス合格体験記も。 応援よろしくおねがいしまーす♪ ☆Japan horce racing forecast by Naoe & Keith☆ Don’t miss Naoe's original recommendation !

Translate

参加ユーザー

QooQ