【マイルチャンピオンシップ2019】予想・予想印

2019年11月16日土曜日

2019 かねたん 京都競馬場 競馬予想 芝1600 直江

t f B! P L
どうも 直江です。

【マイルチャンピオンシップ2019】予想にむけて~ラップ展開と出走予定馬

おかげさまで、たくさんの人に読んでもらえてるみたいです。
ありがとうございます。
JRA重賞 各レース毎に予想のための資料・予習の記事と予想・予想印の記事2本立てで楽しんでもらえるブログにしてます。
今週もよろしく。

秋のG1特別企画 アシスタントのキースとの3,000円馬券勝負、公開してます。
こっちもみてもらって笑ってもらえたら。
第5戦【エリザベス女王杯】411%回収しちゃった♡【2019秋のG1馬券勝負】


【マイルチャンピオンシップ2019】


ジャパン・オータムインターナショナル
第36回 マイルチャンピオンシップ(GⅠ)
3歳以上オープン 17頭
京都競馬場 1,600(芝・外)定量
2019年11月17日 15時40分 発走

【マイルチャンピオンシップ2019】予想・予想印

目次
 1.【マイルチャンピオンシップ2019】予想

 2.【マイルチャンピオンシップ2019】予想印




【マイルチャンピオンシップ2019】予想

京都の馬場は金曜日発表で

11月15日(金)正午現在の京都競馬場の馬場状態は以下の通り。

天候:晴
馬場状態:(芝)良/(ダート)良

(芝の状態)
今週もCコース(Aコースから直線部7メートル、曲線部6メートル外に内柵を設置)を使用。柵の移動により、内側の傷んだ箇所は概ねカバーされたが、向正面直線の内側および正面直線に傷みがある。

(芝の草丈)
芝コース:野芝約10~12cm、洋芝約12~16cm

(含水率)測定時刻 午前9時40分
芝コース:ゴール前9.5%、4コーナー8.8%
ダートコース:ゴール前4.1%、4コーナー4.3%

(中間の降水量)
11日(月)に4.0mm、13日(水)1.0mm、14日(木)に0.5mmの降水量を記録。

(中間の作業内容)
●芝コース
10日(日)、12日(火)~13日(水)芝の生育管理のため散水を実施した。
12日(火)芝刈りを実施。
13日(水)肥料を散布した。
14日(木)~15日(金)殺菌剤を散布した。

●ダートコース
12日(火)~15日(金)クッション砂の砂厚を調整(9.0cm)した。

(JRA発表)

と良好な馬場で日曜日のマイルチャンピオンシップも行われそうです。
同条件で行われた土曜日の7R1勝クラスでは

12.3 - 11.0 - 11.6 - 12.0 - 12.1 - 11.6 - 11.5 - 11.9
前半34.9-後半35.0
勝時計が1.34.0
1勝クラスにしては前半流れて時計がかかる内容。

1着馬は外から差してきたというよりは内から。
2着は後方14番手から大外回して上がり最速だが届かず。
3着は前目から粘る形。
上記の画像が最終コーナー通った時の位置取り。

今年最終週の馬場なのである程度荒れてきているが真ん中あたりが1番伸びそうな芝だけれどもほぼ外内フラットで良いかなと思う。


今年は素晴らしい馬達が揃ったが逃げ馬らしい逃げ馬がいない。
一応候補はグァンチャーレとマイスタイルがいるがグァンチャーレは逃げ馬ではないしマイスタイルもマイルだと逃げれない。

無理矢理逃げ馬設定したとしてもグァンチャーレの出足で35.0~35.5。
マイスタイルが35.5~36.0。
が二頭の適正ペースだと思っている。
両馬ともそれ以上出していけばオーバーペースだし今の馬場では少し厳しいと思う。

この二頭を基準で前半を35.0前後で見てみても土曜日の1勝クラスより 遅い

過去のマイルチャンピオンシップの前半と照らし合わせてみても
2018 前半35.0良   1000m58.8
2017 前半34.6稍重  1000m58.6
2016 前半34.4良      1000m57.5
2015 前半34.6良      1000m59.0
2014 前半33.7良      1000m56.7
2013 前半35.1良      1000m58.3
2012 前半35.0良    1000m58.2

と過去7年のマイルチャンピオンシップで1番遅いレースになってしまう可能性がある。

ただでさえ前半35.0で入って12.0スレスレの脚を溜めれる区間があったら後ろから外を回す馬なんてまず届かないし内でロスなく進められる好位勢なんか脚が溜まりに溜まりきっている。

去年なんかはそれで内で溜めた二頭のワンツー。
3着のアルアインだって2番手追走。

こんなの天皇賞秋でアーモンドアイの2着と能力も確か。
マイルCSでは好位2、3番手楽に取れそうなダノンプレミアムしか考えようがないのかなと。

能力だってこのメンバーなら上位なわけだし展開もむく。
天皇賞秋のペースでは1700m位で距離の壁を感じるヨレ方をしていたのでマイルチャンピオンシップは距離もぴったり。
不利や状態面に問題がなければ勝ち負けしないほうがおかしい。
間隔を詰めて使えなかった馬なので中2週は心配だけれども。

なので◎はダノンプレミアム。

ただこの展開なら穴方面で気になる二頭がいる。
レッドオルガと復調して来たモズアスコット。

レッドオルガは内枠でロスなく回れて前さえ開けばスッと良い瞬発力で抜けて来られる脚は持っている。

モズアスコットは枠が外すぎるのが痛い。
去年は発汗と接触で競馬にならなかったが1番人気に押された馬だ。
ただ前半が遅いと感じた和田騎手が外からポジションを上げて好位後ろあたりなら外からでも着内には届く脚はあるはず。
去年みたいなレースしたらペースが流れない限りアウトだが。


ただそれでも前で最速に近い上がりを使えそうなダノンプレミアムには届く気がしない。

2番人気ダノンキングリーはこの馬比較で今までで1番速い前半をすごす筈で脚が溜まりきるのかなと疑問が内である程度誤魔化せるのかなと思う。

3番人気インディチャンプはペースが遅すぎると掛かって自滅してしまうレースを見て来ているので少し評価を下げる。

僕みたいに毎週馬券を買わないと生活出来ない人間なら現状のオッズならダノンプレミアムの複勝を買ったら期待値的にはマイナス。
これは確実に言えること。

ただG1しか買わない人や毎週買わない人なら期待値はそこまで気にする必要はないのかなと。

競馬の期待値は正確には出せないものだし何百回や何千回と繰り返して収束していくものだと思っている。

強い馬を応援したい!
今日は勝ちたい!

と勝ち負け関係なく競馬を楽しみたいなら期待値は邪魔なものだ。

数回の馬券なら期待値なんて上ブレや下ブレの範囲内で収まるものだから。




【マイルチャンピオンシップ2019】予想印


◎14 ダノンプレミアム
◯12 モズアスコット
▲1 ダノンキングリー
△3 マイスタイル
△7 ペルシアンナイト
△5 インディチャンプ
△4 レッドオルガ




「直江&キースの競馬予想」ブログの本命馬回収率

2020年4月からの馬券回収率

てんちゃん

てんちゃん
当ブログのまねき猫のてんちゃんです。

Twitter「かねたん」相互フォローよろしくおねがいします

このブログを検索

ブログ アーカイブ

メール読者登録

ご意見・お問い合わせ:メールアドレスが公開されることはありません。

名前

メール *

メッセージ *

青葉賞予想大会1位の直江おじさんと助手umajoキースがJRA重賞レース濃い目のラップ展開予想をお届けします。 競馬は頭脳のスポーツ。 競馬初心者の方も、いっしょに予想を楽しみましょう。 bloggerの無料競馬ブログでアドセンス合格体験記も。 応援よろしくおねがいしまーす♪ ☆Japan horce racing forecast by Naoe & Keith☆ Don’t miss Naoe's original recommendation !

Translate

参加ユーザー

QooQ