【京都新聞杯2020】予想にむけて~ラップ展開と出走予定馬♡予習 5/9

2020年5月4日月曜日

2020 キース レース予習☆preparation for the race 京都競馬場 芝2200

t f B! P L




日曜日の重賞レース予習はこちらです♪

馬券回収率

【京都新聞杯2020】予想にむけて~ラップ展開と出走予定馬♡予習

こんにちは
当ブログアシスタントのキース👧です。
ご来訪ありがとうございます。
競馬予想家の直江😎と競馬1年生+αのumajoキース👧が、今週もお届けしています。
このブログはJRA重賞レースについて、みなさまに競馬予想を楽しんでいただけるよう、週始めにレース展開や出走馬の予習記事、レース前に予想・予想印記事と2本立てで公開しています。
レース前に予想印記事を公開しますので、またぜひお立ち寄りください。

先週の重賞レース
青葉賞 ヴァルコス2着 🎯

青葉賞 ◎ヴァルコス2着🎯的中しました\(^^@)/
キースはワイドと馬連も珍しく買って、ちょっとお小遣い増えました♪
レース内容の回顧は直江さんの天皇賞予想印記事にありますので、よかったらみてみてください。


過去ラップと比較して後半5f12秒未満の平坦ラップが続き前の馬にはきついレース。
ヴァルコスはスピードと持久力のあるところを示したと思います。
キースは、勝ち馬オーソリティの直線でぐーっと外への進路取りもすごいなぁって見てました。

天皇賞は◎ダンビュライト9着
スタート良くハナをとりうまくスローで前半を~と思ってたら2周目キセキが動いてハナをとりました。💧



もう、これまでと全然違う展開じゃないですか!
ラストはスピード持続する平坦ラップ。めちゃきつそう。
勝ったフィエールマンめちゃ強かったと思います。

どちらも 素晴らしいレースでした♪

今週のG1レースNHKマイルカップ関連と京都新聞杯予想は直江さん😎が担当します。
みなさまご期待ください♪
京都新聞杯の予習はキース👧が担当します。
みなさま、ご指導よろしくお願いします。

【京都新聞杯 2020】

京都競馬場

芝2200m (右 外)
サラ系3歳 オープン
5月9日(土)15:35発走

東京優駿(日本ダービー)のステップ競走。
地方競馬所属馬は東京優駿(日本ダービー)の出走候補馬2頭まで優先出走できます。
JRAで施行する2歳芝GI競走の優勝馬が優先出走できます。
JRAで施行する3歳芝重賞競走の優勝馬にも出走資格があります。

目次
1.コース説明
2.過去レースの復習
3.過去データ考察
4.出走予定馬 短評
5.2020展開予想

1.コース説明 【京都新聞杯2020】予想にむけて

京都競馬場 芝 2200m
JRA http://www.jra.go.jp/ より引用 

外回りコースを使用し、コースを1周強する。
内回りコースの直線入り口付近がスタート地点で、1コーナーまでの距離は約400m。

向正面途中から3コーナーにかけて4.3mの上り坂が設けられており、
3コーナー入口の坂の頂上から4コーナーにかけて一気の下り坂。
それ以降は平坦で、最後の直線は404m。
差し届く距離です。

2.過去レースの復習 【京都新聞杯2020】予想にむけて

2019【京都新聞杯2020】予想にむけて





馬名着差
後3Fコーナー
通過順
1712レッドジェニアル1134.78-8-9-9
233ロジャーバローズクビ235.31-1-1-1
346サトノソロモン2.1/2735.34-3-7-7




ラップ 12.6 - 10.5 - 12.3 - 12.2 - 12.4 - 12.4 - 12.4 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 12.1 ペース 12.6 - 23.1 - 35.4 - 47.6 - 60.0 - 72.4 - 84.8 - 96.6 - 108.3 - 119.8 - 131.9
(35.4-35.3) ロジャーバローズがハナ。
オールイズウェル、タガノディアマンテ。
直線、ロジャーバローズが粘るもレッドジェニアルが伸びて。

1着 レッドジェニアル 外枠から中団の前目、先頭から5-6馬身差を追走。
直線むいて5馬身差を外から追い込み。
ラストよく伸びて

2着 ロジャーバローズ 内目の枠からハナ。
後続に3馬身差-3/4馬身差をつけゆるみないペースで逃げました。
直線で 前でレッドジェニアルにかわされた。
3着 サトノソロモン 先行好位4馬身差を外目追走。
直線向いて4馬身差を外からレッドジェニアルに抜け出された。
同枠のナイママと叩き合い、競り勝って3着。

ゆるみの少ないペースで逃げて直線も粘って強しのロジャーバローズ。
ダービー馬の栄冠に輝きました♪
早期引退がとっても残念。


2018【京都新聞杯2020】予想にむけて






馬名着差
後3Fコーナー
通過順
1713ステイフーリッシュ734.62-2-2-2
248アドマイヤアルバ1.3/41134.311-11-10-5
3815シャルドネゴールドハナ433.913-13-13-12





ラップ 12.5 - 10.5 - 11.7 - 11.7 - 12.1 - 13.2 - 12.6 - 12.1 - 11.3 - 11.4 - 11.9 ペース 12.5 - 23.0 - 34.7 - 46.4 - 58.5 - 71.7 - 84.3 - 96.4 - 107.7 - 119.1 - 131.0
(34.7-34.6) メイショウテッコンがハナ。
後続に3馬身差の単騎逃げ。細長い隊列。
2番手ステイフーリッシュが直線で抜け出しました。
1着 ステイフーリッシュ 2番手追走。後ろには3馬身差をつけ単騎追走。
コーナーで押し上げ1馬身差。
直線で抜け出し先頭へ。
そのまま押し切り勝ち。
この後、京都記念を2年続けて馬券内、好走しています。
このコースで先行すると強い馬ですね。
2着 アドマイヤアルバ 道中は中団先頭から14馬身差に位置。
コーナー外から押し上げ直線向いて5馬身差。
直線は外から追い込み。2着。
3着 シャルドネゴールド 外枠から後ろ目15馬身差に位置。
コーナーで押し上げ8馬身差。
直線、外から追い込んできた。
内のアドマイヤアルバをハナ差で交わせず3着。

メイショウテッコンがひっぱり前半速いペースのあと、中間で13秒までゆるみ、
そのあと12.1 - 11.3と
瞬発力を要すラップとなりました。
中間のゆるみで前の馬が勝ち。
後ろで瞬発力のあった馬が馬券内でした。



2017【京都新聞杯2020】予想にむけて






馬名着差
後3Fコーナー
通過順
1811プラチナムバレット233.67-7-7-9
233サトノクロニクルアタマ1344-4-4-3
322ダノンディスタンスクビ634.22-2-2-2




ラップ 12.7 - 11.1 - 12.8 - 12.4 - 13.1 - 13.1 - 12.7 - 12.6 - 11.6 - 11.5 - 11.6 ペース 12.7 - 23.8 - 36.6 - 49.0 - 62.1 - 75.2 - 87.9 - 100.5 - 112.1 - 123.6 - 135.2
(36.6-34.7) ウインベラシアスがハナに立ち、後続を5馬身離した逃げ。
スローペース。
コーナーで後続が差を詰め一団。
直線は一杯に広がっての追い比べ。
内からサトノクロニクル、外からプラチナムバレットが追い込む展開。 1着 プラチナムバレット 外枠から14馬身差を追走。
直線は大外から追い込んで内の馬を交わし、
ラストはサトノクロニクルを交わして抜け出した。
長く脚を使ってあがり最速で追い込みさしきり勝ち。。
2着 サトノクロニクル 先頭から7馬身差で外目の好位を追走。
コーナーで押し上げ直線向いて4馬身差。
直線、馬群の中を追い込み。
ゴール手前で先頭もプラチナムバレットに交わされた。
3着 ダノンディスタンス 外枠からウインベラシアスが逃げて、離れた2番手5馬身差を追走。
実質的にハナに立っているような展開。
4コーナーでやや外を回って直線へ。
コーナー向いて2馬身差。
粘っていたが、内のサトノクロニクル、外のプラチナムバレットに交わされて3着。

スローからの末脚勝負となりました。
後ろからあがり最速の馬が勝ち。
前の馬が馬券内でした。

プラチナムバレット 長くいい脚を使いましたが、この後、骨折や落馬で苦労してるみたいです。


3.過去データ考察 【京都新聞杯2020】予想にむけて

JRAサイトより引用

“京都競馬場”における優勝経験の有無別成績(過去10年)
優勝経験の有無 着度数 勝率 連対率 3着内率
あり 5-8-8-45 7.6% 19.7% 31.8%
なし 5-2-2-77 5.8% 8.1% 10.5%

京都競馬場での優勝経験のある馬が勝率はそれほででもありませんが、好走しています。
出走予定馬では
アドマイヤビルゴ 新馬戦芝1800
アリストテレス  未勝利戦芝1600
シルヴェリオ   未勝利戦芝2000
ディープボンド  未勝利戦芝2000
ファルコニア   未勝利戦芝1800
マンオブスピリット つばき賞芝1800
上記6頭が該当しています。

JRAサイトより引用
“JRAの1勝クラス以上の芝のレース”で5着以内となった経験の有無別成績(過去10年)
経験の有無着度数勝率連対率3着内率
あり10-10-9-809.2%18.3%26.6%
なし0-0-1-420%0%2.3%

アドマイヤビルゴ 阪神芝2000若葉S 1着
アリストテレス  阪神芝2200すみれS 2着 京都芝2000若駒S 2着
イロゴトシ    小倉芝1200ひまわり賞 1着
キングオブドラゴン 中山芝2000京成杯5着 京都梅花賞4着
サペラヴィ     中山 芝2200水仙賞 3着
ディープボンド   阪神芝2400アザレア賞 2着
ファルコニア    中山芝1800 スプリングS 4着
ホウオウエクレール 阪神芝2400アザレア賞 4着
マンオブスピリット 京都芝1800つばき賞 1着
メイショウダジン  阪神芝1800毎日杯 5着

上記10頭が該当します。

ごめんなさい。ちょっとしぼりきれないですね。💧

これはもう、出走馬をみていくしかないっ!

4.出走予定馬 短評 【京都新聞杯2020】予想にむけて

アドマイヤビルゴ 【京都新聞杯2020】予想にむけて

ディープインパクト産駒。
阪神2000若葉ステークス1着
ラップ
12.3 - 10.6 - 12.2 - 12.5 - 12.3 - 12.1 - 11.9 - 11.5 - 11.5 - 11.7
ペース
12.3 - 22.9 - 35.1 - 47.6 - 59.9 - 72.0 - 83.9 - 95.4 - 106.9 - 118.6
 (35.1-34.7)
キメラヴェリテの逃げを1枠から7馬身差の3番手追走し長くいい脚で差し切りました。
上がり最速33.6。
速い時計の出る馬場でしたが、スピードの持続は評価できます。


ファルコニア【京都新聞杯2020】予想にむけて

中山1800スプリングステークス4着
出遅れから 10-8-2-3 押し上げて直線は伸びず。

小倉2000あすなろ賞1着
時計のかかる馬場でハイペースを後ろからあがり最速36.3でハナ差勝ち。
前の馬が垂れたのかもで、評価ムズカシイです。
ラップ 12.4 - 11.4 - 12.0 - 12.5 - 12.0 - 11.8 - 11.9 - 12.3 - 12.6 - 12.5


シルヴェリオ【京都新聞杯2020】予想にむけて

ハーツクライ産駒。
京都2000未勝利戦が外枠から先行逃げスローからの持続する末脚が素晴らしかったです。
ラップ 12.6 - 11.5 - 12.6 - 12.8 - 12.6 - 12.5 - 11.7 - 11.6 - 11.4 - 11.9
2-2-1-1 あがり34.9

京都2000若駒ステークス6着(6頭だて)
時計のかかる馬場がよくないのかな?
内枠だと他馬との関係がよくないのかな?
スタート4番手になり向正面から騎手がかなり手が動いてて追い出しのタイミングがずれてたのかな?
直線のまんなかで脚がとまりました。
ラップ 12.5 - 11.2 - 12.9 - 12.4 - 12.3 - 12.5 - 11.8 - 11.9 - 12.2 - 12.8
そんな速いペースじゃなかったので謎。
馬場からすると、これでも前半が速かったのかな?謎です。

良馬場で外枠ならいいかもしれません。

マンオブスピリット【京都新聞杯2020】予想にむけて

ルーラーシップ産駒。
京都1800つばき賞1着
8頭立を最後方から8馬身差追走。
重馬場の直線外からさしきりました。
あがり最速35.8
ラップ
12.7 - 11.6 - 12.5 - 13.0 - 13.1 - 12.7 - 12.3 - 11.7 - 12.3
12.7 - 24.3 - 36.8 - 49.8 - 62.9 - 75.6 - 87.9 - 99.6 - 111.9
(36.8-36.3)
かなり時計のかかる馬場だったみたい。
スローで前の馬が残るところを後ろからさしきりで評価したいですが、
馬場は差し有利な感じ。
キースには評価ムズカシイです。

京都未勝利1800 1着
ラップ
12.7 - 11.1 - 11.9 - 12.6 - 12.8 - 12.5 - 12.0 - 11.6 - 11.6
ペース
12.7 - 23.8 - 35.7 - 48.3 - 61.1 - 73.6 - 85.6 - 97.2 - 108.8
(35.7-35.2)
良馬場を中団5馬身差からコーナー外を回して
直線も外から上がり最速34.6でさしきり。
中間ゆるんで、瞬発力もそれほどいらなかったレースです。
推定前半3f36.6。
位置取りそこそこであがりのスピードもそこそこ。

ディープボンド【京都新聞杯2020】予想にむけて

キズナ産駒。
皐月賞10着
阪神2400アザレア賞2着。
ラップ
12.8 - 11.8 - 12.9 - 12.8 - 12.8 - 12.6 - 12.6 - 12.4 - 11.8 - 11.5 - 11.3 - 12.1
ペース
12.8 - 24.6 - 37.5 - 50.3 - 63.1 - 75.7 - 88.3 - 100.7 - 112.5 - 124.0 - 135.3 - 147.4 (37.5-34.9)
先頭から4馬身差の好位先行し、かなりのスローからのあがり3番目34.9。
前半かなりなスローなので前有利。評価ムズカシイです。

京都2000福寿草特別6着
ラップ
12.8 - 11.7 - 13.1 - 13.2 - 12.8 - 12.6 - 11.9 - 11.4 - 11.6 - 12.4
ペース
12.8 - 24.5 - 37.6 - 50.8 - 63.6 - 76.2 - 88.1 - 99.5 - 111.1 - 123.5
(37.6-35.4)
コーナー出たとこでちょっと接触したためか直線のびませんでした。
んー。中団にいて前半スローだけど、後半の12秒以下のラップの持続が苦しかったのかなー。
体調面かなー。凡走の理由がはっきりしないので、キース困ります。






5.2020展開予想 【京都新聞杯2020】予想にむけて

昨年の直江さんのコメントをご紹介します。
先ず過去ラップから見ていく。

2018 12.5 - 10.5 - 11.7 - 11.7 - 12.1 - 13.2 - 12.6 - 12.1 - 11.3 - 11.4 - 11.9

2017 12.7 - 11.1 - 12.8 - 12.4 - 13.1 - 13.1 - 12.7 - 12.6 - 11.6 - 11.5 - 11.6

2016 12.4 - 11.1 - 12.6 - 12.3 - 12.4 - 12.3 - 12.8 - 12.2 - 11.8 - 10.8 - 11.9

2015 12.3 - 10.7 - 12.2 - 12.1 - 12.1 - 12.6 - 12.5 - 11.9 - 11.4 - 11.9 - 11.6

​先ずは色分けの説明から。
ラップ上の青表記の所はそこまで瞬発力が求められず持続戦。
赤表記は瞬発力戦。

2017年も瞬発力が必要そうに見えるけど実際は逃げ馬が垂れてきた部分。

求められるのは少しの瞬発力と最後まで伸び続けられる持続力。

こうやって過去ラップを見比べてると2015年のレベルの高さがわかる。

勝馬サトノラーゼンが内枠の利もあったけどダービー2着も納得か。

道中も緩んでペースへの耐性などはあまり求められない。
なので実力が足りなくても前で一足使えると前が残っちゃう。

みなさまご参考にしてくださいませ。

今回、ホウオウエクレールが逃げるとすると
アザレア賞の逃げ
ラップ
12.8 - 11.8 - 12.9 - 12.8 - 12.8 - 12.6 - 12.6 - 12.4 - 11.8 - 11.5 - 11.3 - 12.1
ペース
12.8 - 24.6 - 37.5 - 50.3 - 63.1 - 75.7 - 88.3 - 100.7 - 112.5 - 124.0 - 135.3 - 147.4 (37.5-34.9)
スローからの持続力勝負って感じでしょうか。
前に位置取りできる馬がよさそうですね。
アドマイヤビルゴが位置取りは抜けてる感じです。
あとの馬は似たり寄ったり。
ペース遅いと馬群は固まるので、後ろでキレル脚の馬も馬券内は充分狙えると思います。

予想は直江さん担当します。
レース前に予想印公開の予定です。
またみていただけたら嬉しいです。
みなさまの予想はいかがですか?

コメントよろしくおねがいしまーす💖




5/9 直江さんの予想印公開です♪
ホームはこちらです

「直江&キースの競馬予想」ブログの本命馬回収率

2020年4月からの馬券回収率

てんちゃん

てんちゃん
当ブログのまねき猫のてんちゃんです。

Twitter「かねたん」相互フォローよろしくおねがいします

このブログを検索

ブログ アーカイブ

メール読者登録

ご意見・お問い合わせ:メールアドレスが公開されることはありません。

名前

メール *

メッセージ *

青葉賞予想大会1位の直江おじさんと助手umajoキースがJRA重賞レース濃い目のラップ展開予想をお届けします。 競馬は頭脳のスポーツ。 競馬初心者の方も、いっしょに予想を楽しみましょう。 bloggerの無料競馬ブログでアドセンス合格体験記も。 応援よろしくおねがいしまーす♪ ☆Japan horce racing forecast by Naoe & Keith☆ Don’t miss Naoe's original recommendation !

Translate

参加ユーザー

QooQ